e・MACHINE

目指したのは、
新しい世界で活きるマシン。

変わりつづける世界で必要な、ものづくりの柔軟性や多様性。
持続可能な社会実現に向けて求められる環境への配慮。
新しい世界のニーズに応えながら、単位面積あたりの生産性を最大化するために
これからの工作機械はどうあるべきか。
その問いかけに対する1つひとつの答えが、工作機械に新たな命を吹き込みました。

e・MACHINEを構成する6つの「e」

マキノが考える、工作機械のニューパラダイムを切り拓くキーワード

  • 環境性

    自然環境への負荷を極限まで
    最小化する

  • 上位互換性

    既存モジュールからの
    アップデートを容易に

  • 生産効率

    電動化で単位面積あたりの
    生産性を最大化

  • 耐久性

    故障しにくく、時代・環境の
    変化にも耐える機械へ

  • 使いやすさ

    誰もが使いやすい
    "心通うマシン"へ