ECOLOGICAL

環境性

自然環境への負荷を極限まで最小化する

興味のある項目は「Good!」ボタンをクリックしてください!

新素材ATHIUM採用による消費電力低減

機械は加工する際に数100kg~数tonに及ぶ移動物を動かしています。
機械の移動物重量を軽くして、俊敏に動かし、消費電力を削減することは工作機械メーカの永遠の課題です。
独自の新素材を用いることで、高剛性と軽量化を実現し、消費電力削減に貢献します。

興味のある項目は「Good!」ボタンをクリックしてください!

主軸グリス潤滑によるエア使用量低減

主軸を高速回転させるためには、最適な潤滑方法が必要です。
高速主軸のベアリング潤滑において一般的にオイルエア潤滑(微小潤滑油を圧縮エアで供給)が用いられますが、特別な冷却方法を採用し、グリース潤滑での高速回転を可能としました。
エア消費量を削減するとともに、日常の主軸潤滑油の補給作業が不要となります。

興味のある項目は「Good!」ボタンをクリックしてください!

セルフエアコンプレッサによるエア使用量低減

複数の機械設備に対し、工場では余裕を持った大型のコンプレッサが使用されます。
このシステムは、機械個別に本当に必要な量の圧縮エアを生成するため、工場全体でのコンプレッサに必要な消費電力を削減します。設備追加時のコンプレッサの再検討や、コンプレッサ機械間の設備配管自体も削減でき、機械設置、移設の負担も削減されます。

興味のある項目は「Good!」ボタンをクリックしてください!

クーラントタンクのインバータ化

加工時に使用する切削液供給のポンプに対して、インバータ制御を採用することで、消費電力を抑えます。また、必要な吐出圧、流量を制御して切削液自体の発熱を抑え、温度コントローラの負荷も抑えることが可能です。

興味のある項目は「Good!」ボタンをクリックしてください!

ATC・APCの電動化

常時運転の油圧システムは機械の発熱源となるだけでなく、使用しない時にも消費電力が発生しています。機械の各部の動作を電動化して、効率よくダイレクトに駆動することにより、消費エネルギ―の低減に貢献します。